一本松の見る・聞く・話す~トライアスロン、練習、色んなお話~

第2回コラム写真

2017年レースをまるっと振り返り~新たな気持ちで2018年シーズンへ~

みなさんこんにちは! 今年も一年、応援ありがとうございました。
いい結果だったレースもあれば、そうではないレースもありました。どちらにしても得るものが大きかった2017年レースについて振り返ってみたいと思います。

2017年に出場したレースはコチラの7本です。(大会名は通称)

①4/1 ironman70.3中国
②4/23 宮古島トライアスロン(初ロングでした)
③6/11 ironman70.3セントレア
④8/6 沼津トライアスロン(駅伝部門)
⑤8/27 木更津トライアスロン
⑥9/9 ironman70.3世界選手権
⑦10/14 ironman世界選手権

  • ◆51.5km以下・2本(④⑤)
  • ◆ミドル・・・・3本(①③⑥)約113km
  • ◆ロング・・・・2本(①⑦)200km以上

今年のレース結果を振り返ると、①のレースから⑦のレースにかけて記録とパフォーマンスが降下していく結果となりました。
去年冬場のトレーニングの貯金で前半戦は戦えたものの、後半戦は落車や熱中症など、記録とパフォーマンスが落ちて行くとともに集中力も落ちていきました。

原因は「わがままなトレーニング」をしていたからだと思います。
やりたいときに、やりたい距離だけ思う存分トレーニングをする、という方法です。たとえば、今日はバイク400km走、明日は夜から朝にかけてジョギング。レースが近くても走りたいと思ったときは走りたい分だけ走る……などなど(汗)。
しかし、今年は様々な出会いがあったお陰で、後半戦にかけて少しずつトレーニング方法が改善されていきました。
ありがたいことに無理なトレーニングは少なくなったのですが、今までの疲労が溜まりに溜まってしまい、後半戦のパフォーマンスは集中力が落ちていく結果に繋がりました。

2017年の数々の失敗を踏まえ、現在は、来シーズンに向けて基礎からトレーニングを始めたところです。トレーニング時間や距離は短くなりましたが、密度が上がり充実感のある練習ができています。ぜひ2018年シーズンを楽しみにしていてください!

直筆サイン

一本松の見る・聞く・話す~トライアスロン、練習、色んなお話~

2017年レースをまるっと振り返り~新たな気持ちで2018年シーズンへ~

みなさんこんにちは! 今年も一年、応援ありがとうございました。
いい結果だったレースもあれば、そうではないレースもありました。どちらにしても得るものが大きかった2017年レースについて振り返ってみたいと思います。

2017年に出場したレースはコチラの7本です。(大会名は通称)

第2回コラム写真

今年のレース結果を振り返ると、①のレースから⑦のレースにかけて記録とパフォーマンスが降下していく結果となりました。
去年冬場のトレーニングの貯金で前半戦は戦えたものの、後半戦は落車や熱中症など、記録とパフォーマンスが落ちて行くとともに集中力も落ちていきました。

原因は「わがままなトレーニング」をしていたからだと思います。
やりたいときに、やりたい距離だけ思う存分トレーニングをする、という方法です。たとえば、今日はバイク400km走、明日は夜から朝にかけてジョギング。レースが近くても走りたいと思ったときは走りたい分だけ走る……などなど(汗)。
しかし、今年は様々な出会いがあったお陰で、後半戦にかけて少しずつトレーニング方法が改善されていきました。
ありがたいことに無理なトレーニングは少なくなったのですが、今までの疲労が溜まりに溜まってしまい、後半戦のパフォーマンスは集中力が落ちていく結果に繋がりました。

2017年の数々の失敗を踏まえ、現在は、来シーズンに向けて基礎からトレーニングを始めたところです。トレーニング時間や距離は短くなりましたが、密度が上がり充実感のある練習ができています。ぜひ2018年シーズンを楽しみにしていてください!

直筆サイン

 

トライアスロンとの出会い~くわしく話すとこんな感じでした~

みなさんこんにちは! コラムを読んでいただきありがとうございます!
さて、記念すべき1回目は私にとってかけがえのない存在となった「トライアスロン」との出会いについて少しお話ししたいと思います。

4歳から高校まで水泳。中学では水泳と駅伝を。たまにママチャリで遠出。という、振り返るとトライアスロンを始めるまで、少なからずトライアスロンに結びつく行動をとっていたな、と思います(笑)。

──私がトライアスロンと出会ったのは大学生の頃でした

幼稚園から続けていた水泳を大学受験とともに引退したのですが、2ヶ月を過ぎた頃から何か物足りなさを感じるようになっていきました。
実は水泳を納得する結果で引退することができていなかったのです。
それでも、自分の中では「やりきった感じ」があったのも事実で、二つの気持ちを天秤にかけたとき、大学でもう一度やりたいという気持ちはありませんでした。

しかし、幼稚園から熱中し続けてきた水泳。たまに泳ぎたくなる衝動も隠せませんでした。「水泳はもうやりたくない……。でも、少しならやってもいいかな」と、日々考えているうちに、ふと、トライアスロンという競技が頭に浮かんだのです。
『泳いで、こいで、走る』
どれも自分の好きなことが詰まったこんなお得な競技は他にないと思い、トライアスロンという競技に一歩足を踏み出しました。

これを、出会い……と言ってもいいのか、少し戸惑うところですが(笑)。
あのときの一歩が今につながっていることは間違いありません。

読んでいただき、ありがとうございました。
これからも応援よろしくお願いします。

直筆サイン

第1回トライアスロンとの出会い~くわしく話すとこんな感じでした~

第1回コラム写真01

みなさんこんにちは! コラムを読んでいただきありがとうございます!
さて、記念すべき1回目は私にとってかけがえのない存在となった「トライアスロン」との出会いについて少しお話ししたいと思います。

4歳から高校まで水泳。中学では水泳と駅伝を。たまにママチャリで遠出。という、振り返るとトライアスロンを始めるまで、少なからずトライアスロンに結びつく行動をとっていたな、と思います(笑)。

──私がトライアスロンと出会ったのは大学生の頃でした

第1回コラム写真02

幼稚園から続けていた水泳を大学受験とともに引退したのですが、2ヶ月を過ぎた頃から何か物足りなさを感じるようになっていきました。
実は水泳を納得する結果で引退することができていなかったのです。
それでも、自分の中では「やりきった感じ」があったのも事実で、二つの気持ちを天秤にかけたとき、大学でもう一度やりたいという気持ちはありませんでした。

しかし、幼稚園から熱中し続けてきた水泳。たまに泳ぎたくなる衝動も隠せませんでした。「水泳はもうやりたくない……。でも、少しならやってもいいかな」と、日々考えているうちに、ふと、トライアスロンという競技が頭に浮かんだのです。
『泳いで、こいで、走る』
どれも自分の好きなことが詰まったこんなお得な競技は他にないと思い、トライアスロンという競技に一歩足を踏み出しました。

これを、出会い……と言ってもいいのか、少し戸惑うところですが(笑)。
あのときの一歩が今につながっていることは間違いありません。

読んでいただき、ありがとうございました。
これからも応援よろしくお願いします。

直筆サイン

サポーター募集サポーター募集

一本松選手を応援しよう!!

一本松選手を応援しよう!!

サポーターとは?

個人もしくは企業として、「一本松静香選手を応援しよう」という気持ちの具現化。
2018年シーズンよりプロトライアスリートとして活動を始める、一本松静香選手を応援いただくサポーターです。
将来の「Ironman(アイアンマン)」チャンピオンを目指して活動をしていく一本松選手ですが、トレーニング環境や大会遠征など、プロアスリートとして活動していく上で、より多くの方々に「サポーター」として応援いただきたく、ご協力をお願いしたいと考えています。
サポーターは還元メニューありきのプランではありませんが、応援を形に変えて、一本松選手の成長の手助けをしていただけると幸いです。
お申し込み方法は『サポートフレンズ(個人)』または『サポートカンパニー(法人)』のいずれかになります。

目的

一本松静香選手の成長をみんなで見守り、応援する。
トレーニング環境や大会遠征など、一本松選手の「活動支援金」として活用する。

お申し込み方法

それぞれ下記の金額で承っております。現在は、いずれも2018年シーズン(2018年12月31日まで)の支援受付けとなっております。

サポートフレンズ(個人) 一口 1万円
サポートカンパニー(法人) 一口 3万円

なお、お申し込み時に生年月日の記入をお願いしております。しかし、申し込みフォームにはその欄がありませんので、備考欄に記入いただけると幸いです。
本サポーターの規約はこちらからご確認ください。

お申し込みはコチラ

※サポートカンパニーにつきましては、希望により、当サイトに社名(テキストリンク)を掲載させていただきます。
また「Ippom サポーターロゴ」をご利用いただけます。

【ご注意】

当サイトは「STORES.jp」を利用して一本松静香への活動支援金を募っております。
『個数』や『送料』など、本サポートにはフィットしない表現をしている場合がございますが、それは「STORES.jp」の定型フォーマットを使用しているためです。
また、お申込み後に『ご購入ありがとうございました』という主旨のメールを送信させていただきますことも、同様の理由です。ご了承いただければ幸いです。なお、当該メールをもって、受け付け完了のご連絡とさせていただいております。あわせてご了承ください。

サポートカンパニー (名前順)

随時掲載予定

ページのトップへ戻る