COLUMN コラム

一本松の見る・聞く・話す 
~ トライアスロン、練習、いろんなお話 ~

こんにちは!一本松静香です。応援宜しくお願いします!

このページでは動画や写真で活動の一部を報告・発表させていただきます。

一本松静香の『トレーニング方法』や、一般の方にも参考になる『食事のこと』、
『おすすめのギアやアイテム紹介』などなどをテーマにお送りします。

ぜひ、チェックしてください!

>> BACK NUMBER も CHECK!

コラム第2回 (Update:2017.12.26)

2017年レースをまるっと振り返り
~ 新たな気持ちで2018年シーズンへ ~

みなさんこんにちは! 今年も一年、応援ありがとうございました。
いい結果だったレースもあれば、そうではないレースもありました。どちらにしても得るものが大きかった2017年レースについて振り返ってみたいと思います。

2017年に出場したレースはコチラの7本です。(大会名は通称)

①4/1 ironman70.3中国
②4/23 宮古島トライアスロン(初ロングでした)
③6/11 ironman70.3セントレア
④8/6 沼津トライアスロン(駅伝部門)
⑤8/27 木更津トライアスロン
⑥9/9 ironman70.3世界選手権
⑦10/14 ironman世界選手権

◆51.5km以下・2本(④⑤)
◆ミドル・・・・3本(①③⑥)約113km
◆ロング・・・・2本(①⑦)200km以上

今年のレース結果を振り返ると、①のレースから⑦のレースにかけて記録とパフォーマンスが降下していく結果となりました。
去年冬場のトレーニングの貯金で前半戦は戦えたものの、後半戦は落車や熱中症など、記録とパフォーマンスが落ちて行くとともに集中力も落ちていきました。

原因は「わがままなトレーニング」をしていたからだと思います。
やりたいときに、やりたい距離だけ思う存分トレーニングをする、という方法です。たとえば、今日はバイク400km走、明日は夜から朝にかけてジョギング。レースが近くても走りたいと思ったときは走りたい分だけ走る……などなど(汗)。
しかし、今年は様々な出会いがあったお陰で、後半戦にかけて少しずつトレーニング方法が改善されていきました。
ありがたいことに無理なトレーニングは少なくなったのですが、今までの疲労が溜まりに溜まってしまい、後半戦のパフォーマンスは集中力が落ちていく結果に繋がりました。

2017年の数々の失敗を踏まえ、現在は、来シーズンに向けて基礎からトレーニングを始めたところです。トレーニング時間や距離は短くなりましたが、密度が上がり充実感のある練習ができています。ぜひ2018年シーズンを楽しみにしていてください!

BACK NUMBER
Copyright © ippom support team. All Rights Reserved.

ページのトップへ戻る